‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

2019年8月20日 火曜日

スポーツチャンバラ道場!

8月12(日)・17(土)・18日(日)青森県武道館剣道場にてスポーツチャンバラ道場を開催しました。

今年で3回目の開催となるチャンバラ道場。初日には青森朝日放送の取材があり、子供たちはテレビカメラの前で少し緊張しているみたいでしたが、いざ始まると元気に駆け回っていました!

世代交流も出来てとても有意義な道場の開催になったと思います(^ ^)

和気あいあいと年齢に関係無く楽しめるスポーツですので、まだ体験された事のない方は、ぜひ体験して頂きたいです♪

最後に、講師のお手伝いをして頂いた弘前大学スポーツチャンバラ同好会の皆さん、ご父母の皆さんありがとうございました!

2019年7月30日 火曜日

令和元度青森県武道館ダンスワークショップ「SPECIAL DANCE」を開催します」

今年もダンスワークショップを開催します。今年の講師の先生はYASU先生とYUKARI先生の二人です。

場所:青森県武道館補助競技場
日時:9月16日(月)
時間:10:00開始

申込は8月31日までです。
今年は補助競技場での開催ということもあり、募集人数は例年の半分以下となります。申込期間内であっても、定員に達し次第、募集は終了しますのでご注意ください。

申込方法は専用の申込用紙を武道館まで直接持参いただくか、FAXでの受付になります。
申込書は青森県武道館ホームページ内の「お知らせ」、「申請書ダウンロード」のページにあります。

皆さまの参加をお待ちしております。

2019年7月30日 火曜日

第74回市町村対抗青森県民体育大会

 7月27日・28日の2日間に渡り第74回市町村対抗青森県民体育大会が開催されました。

 今年の県民体育大会は弘前市を主会場とし、市の部が19競技、町村の部が17競技の頂点を目指して競い合いました。
 館内では開会式・閉会式が催されたほか、相撲・弓道・柔道の試合会場として各地区の方々に青森県武道館をご利用頂きました!

 結果は、市の部は弘前市が2年ぶり38回目の総合優勝を、町村の部は鶴田町が14年連続14回目の総合優勝を飾りました。

 14年連続総合優勝とは素晴らしい記録ですね!

参加者及びボランティアスタッフの方々、またお暑い中、選手の応援に駆け付けた方々、本当にお疲れ様でした!

2019年7月27日 土曜日

第74回市町村対抗青森県民体育大会開幕!

7月27日、青森県武道館第74回市町村対抗青森県民体育大会の開会式を開催しました。選手入場後、昨年度総合優勝の八戸市の優勝旗返還から式がはじまりました。

武道館では、柔道・弓道・相撲の三種目が実施されます。これからの熱戦を考えるとワクワクしてきます!
今年の総合優勝はどこになるのか、楽しみですね!

2019年7月23日 火曜日

ゴールボール合宿!

約1年後に迫った東京パラリンピックに出場予定のゴールボール日本代表チームの強化合宿が、7月20日~21日に青森県武道館補助競技場にて行われました!
ゴールボールとは、現22種目ある夏季パラリンピックの正式種目の中の1つで、1チーム3人で行う対戦型の競技です。

攻守ともに遮光ゴーグルを装着し、鈴が入ったバスケットボール大の球を、高さ1.3m×幅9mの相手ゴールに向かって投球する攻撃と守備を交互に行い、合計点を競います。

攻撃側はどんな球を投げるか、どの位置に投げるか等、作戦を立てて攻撃し、守備側は視界を遮られた状態からボールから聞こえる鈴の音、相手側の選手の足音、床の振動等、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて自陣を守り抜きます。

視界が塞がれているとは思えない反応で体全体を使ってボールをブロック!
すごい!

来年のパラリンピックの日本チームの活躍が楽しみです(^^)
頑張ってください!

2019年4月20日 土曜日

武道館にも春の訪れ

遠的弓道場脇にある桜が8分咲き位になったでしょうか。園内にある他の桜の木もボチボチ咲いてきているので、やっと、が来たと感じる今日この頃です。

さて、5月からは新元号に改元されますが、「令和」という新元号には「一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい」という想いが込められているそうです。

これから5月、6月と、各種スポーツ大会が数多く控えています。我々武道館スタッフ一同、武道館を訪れる一人一人が持つ花が大きく咲き開く瞬間に携わりたいと思っております。

これからも青森県武道館をよろしくお願いいたします。
 

~重要なお知らせ~

4月27日から5月6日までのゴールデンウイーク期間中は休まずに開館いたしますが、ゴールデンウイーク明けの5月7日(火曜日)は振替休館日とさせていただきますのでご了承ください。

2018年12月10日 月曜日

第14回青森県武道演武大会

12月9日、第14回青森県武道演武大会を開催しました。
今回は総勢352名の演武者による、16団体18種目での開催となりました。今年は開始時間を早め例年よりも1時間早い10時からの演武開始となりました。終了時間もかなり早くなったので、後片付けも多くの演武者に手伝っていただき、予定時間をかなり早く終了することが出来ました。

相撲の演武では、豆力士の取り組みに喝采がおきたり、空手道では大勢での一糸乱れぬ気迫のこもった演武にため息が漏れたり、弓道ではほぼ全ての矢を的に的中させたりと、今年も見所が多かったと思います。

演武団体<演武順>
【剣道】

【當田流剣術】

「少林寺拳法】

【卜傳流】

【空手道】

【相撲】

【銃剣道】

【躰道】

【武術太極拳】

【弓道】

【小野派一刀流】

【神道無念流】

【柔道】

【合氣道】

【居合道】

【杖道】

【當田流棒術】

【功夫扇】

演武者の皆様をはじめ、大会開催にあたりご協力頂いた関係団体の皆様、大変お疲れ様でした。来年度は武道館の改修工事があるので中止が決定しています。次回以降の開催は未定ですが、再来年以降の開催となるので、様々な場で情報を発信していきたいと思います。その時にはまたご協力お願いいたします。

2018年8月20日 月曜日

青森県武道館スポーツチャンバラ道場開催!

平成30年8月12日、18日、19日に青森県武道館スポーツチャンバラ道場を開催しました。

二回目の開催となったチャンバラ道場。子供の体力向上に向け、体を動かす機会を提供し、地域のスポーツの普及、活性化を図ることを目的として開催しています。スポーツチャンバラってどんなものだろうと、最初は半分警戒していた参加者の皆さんでしたが、いざ、得物を手にしたとたん、大人も子供も関係なく純粋に楽しんでいるというような感じを受けました。

今回は前回の失敗にあった、「親子での参加」を目指し、講師を担当していただいた弘前大学スポーツチャンバラ同好会の皆さんをはじめ、青森県スポーツチャンバラ協会の皆様も駆けつけていただいて、そうとう身の入った指導になったのか、初日の申込だけだったのに、あんまり楽しくて気が付けば飛び入りで全部参加していた家族もいました。

でも、なにより子供たちがとても楽しそうにしていたので、今回も大成功言っていいのでは……と思います。

連日の猛暑のなか、お集まりいただいた参加者の皆様、ありがとうございました。また、三日間だれも怪我することなく道場開催の為にお手伝いして頂いた弘前大学スポーツチャンバラ同好会や関係者の皆様、本当にありがとうございました。
 

反響がかなりあったので、次回もやる……かも

2018年6月28日 木曜日

柔道場の畳を入れ替えました!

青森県武道館柔道場の畳を新品の畳に入れ替えました!

新品ので心機一転。これから大事にしましょう!

なお、まだ新品なので床に馴染んでいないです。そのため、若干段差がある個所があるかもしれないのでご注意ください。

2017年11月23日 木曜日

防犯訓練!

11月22日(水)、武道館の休館日を利用して、武道館スタッフのほかに武道館以外の施設の体協スタッフや、武道館内を清掃していただいている㈱三幸さんのスタッフも含めて、青森綜合警備保障㈱さんによる防犯講習会を開催しました。

最初は柔道場で刺股(さすまた)講習。一対一では思いのほか力を入れないと押し戻されたのでびっくりしました。一対二であれば、比較的制圧しやすいように感じましたが、いざ、そういうケースがあったとき、きちんと対応できるかどうか、日ごろの訓練や意識が大事だと感じました。

続いて、窓口でのクレーム強盗の対応を確認しました。クレームに関しては、普通の人が窓口での対応(今回のケースは、予約をしたのに当日予約が入っていなかった場合)に対して突然激高して事務室内に侵入を図るというものだったのですが、事務室内のスタッフの連携や対応について考えさせられました。

また、夜間の人数が少ない時間帯を狙った武装した強盗の場合は、盾(実は武道館の窓口にコッソリ置いてます)の使い方の指導を受けました。

最後に会議室で講話を聞いて終了となりましたが、クレームについては窓口や電話の対応でほぼ無くなるということや、もし窓口でそのような状況になった場合は、ワンクッションおいて、無理に一人で解決しようせずに上席のスタッフと情報を共有し、少し時間をおいて対応するということや、武装した相手には基本的には自分の身を守るということを大事にする(無理に立ち向かわない)ということを確認しました。


なんにせよ、そういう事態が発生しないことが一番いいですね…

余談になりますが、刺股の使い方で、首を狙うのは厳禁だそうです。間違って相手を死なせた場合は過剰防衛になるとことでした。