V・プレミアリーグ女子バレーボール大会


青森県では、久々のプレミアリーグの開催?となったみたいです。

2日間の開催には、県内外から大勢の女子バレーボールファンが、来館されました。

注目は、何と言っても東レアローズ5番サオリンこと木村沙織選手ですね。館内の悲鳴は一際大きく、その人気ぶりがわかります。

この大会カードは、東レアローズJTマーヴェラーズトヨタ車体クインシーズパイオニアレッドウィングスのチームによる試合でしたが、東レには荒木絵里香選手・木村沙織選手・迫田さおり選手・JTには、坂下麻衣選手・竹下桂江選手・パイオニアには、栗原恵選手と、昨年世界選手権銅メダルの全日本主力メンバーが参加してるとあって、観客の盛り上がりは、すごいものでした。

中でも、トップを走るJTマーヴェラーズと2位の東レアローズの試合には、3500人を超える観客が集まり、観客の応援も最高潮に達していました。

結果は、JTが勝ちました。個人的に東レファンの私には残念な結果でしたが、選手のプレイを間近で見られ、大変幸せな思いをした2日間でした。